ブログ

眼科スタッフ(眼科検査員)を募集しています

現在、眼科検査スタッフ(常勤)を募集しています。
お問い合わせ・ご質問等はお電話(047-700-6090)またはメール(information.kawabata@gmail.com)にて受け付けています。

地域柄、視力低下などによるお子さんの受診が多く、発達障害児に対する診療も行なっています。お子さんの対応に不慣れな方は、はじめは戸惑うかもしれませんが、当院の雰囲気と相まって馴染めるようになるでしょう。(過去の実習生もみな馴染んでいました)

眼科の検査業務は多岐にわたりますが、まずはいくつかの検査機の操作を覚えます。
次第に慣れてくると、自分が携わる検査、業務が診療のどの部分に位置するのか理解できてきます。結果、効率的に動けるようにもなります。
さらに業務に対する視野が広がってきて、患者さんのその日の来院目的が掴めるようになると、必要な検査データとそのためのコミュニケーション力が身についてくるでしょう。
患者さんと対面するからこそ得られる結果に加える語彙も増え、Drの治療の方向性、方針にも活かされるようになります。
このような成長は数年かけて培われていきますが、つまずくところは先輩がフォローします。

業務の一例として、当院での眼鏡あわせがあります。
院長は医学部に入る以前は眼鏡技術者の教育にも携わっており、こだわりがあるところです。
患者さんの視力や使用目的を把握することはもちろんですが、眼位や眼球運動、調節機能を考慮したり、眼軸長や調節麻痺下屈折度数も参考に先を見通して行っています。
これも初めは先輩のアドバイスを受けながら少しずつ覚えて応用を広げていきます。
患者さんとのやり取りの中で、視能訓練士、眼科検査員としての成長を自覚できる業務のひとつでもあります。

また、盲学校へロービジョンサポートとして年2回出向している他、休診日に年数回、三歳児健診に従事している視能訓練士もいます。

あなたも私たちと一緒に患者さんのQOV(quality of vision)向上に貢献して参りましょう。ご応募、お待ちしています!

かわばた眼科
PAGETOP